始めてコンタクトを購入したきっかけ

始めてコンタクトを購入したきっかけ

ずっと眼鏡で生活してきていた私ですが / 41歳 男性

ずっと眼鏡で生活してきていた私ですが、実はコンタクトも持っています。眼鏡着用に慣れた人なら分かってくれると思うのですが、初めて眼鏡を掛ける時の違和感、そして眼鏡を掛け続けているうちに、いざ外すとなるとそれに対する違和感というか、ある意味恥ずかしさ的な気持ちを味わった経験、あるかと思います。
私もそうでした。
人間ある状況に慣れてしまい、特に見た目の印象が自分の中で固定化されると、それを変えるのは結構勇気が要ったりしますね。それではどうしてということなのですが、きっかけはお客さんです。
営業先のお客さんがコンタクトにした方が良いって言ってくれたのです。
その前にも近眼の目で鏡に顔を近づけながら、自分の顔を見つめて、もしかしたらコンタクトにしたら結構イケてるんじゃないかという思いを持っていたのも大きいと思います。結局そのお客さんの一言がトリガーになってコンタクト、始めました。

作ってみてよかったのは、スキーなんかの時に転んでも大丈夫なことです。
視界もかなりスッキリしたし、何よりスキー場では「映える」って要素かなり重要ですから、スキーの時には必ずコンタクトにしています。

注目情報