始めてコンタクトを購入したきっかけ

始めてコンタクトを購入したきっかけ

コンタクトレンズを初めて買ったのは高校1年生の頃だったと思うのですが、きっかけそのものは、貯めたお年玉で買える程度に値段が手頃になっていたことでしょうか / 46歳 女性

コンタクトレンズを初めて買ったのは高校1年生の頃だったと思うのですが、きっかけそのものは、貯めたお年玉で買える程度に値段が手頃になっていたことでしょうか。
コンタクトにして感動したのは、ラーメン食べてもくっきり視界があったことです。
これだけは眼鏡では味わえません。ただ、ハードコンタクトレンズだったのですが、最初はなかなか慣れませんでした。
装用感とかで慣れないのではなくて、ズレたり、落としたりしたときが大変でした。
何せ白目にズレてしまっても、手鏡に映っている自分が裸眼では見えないのです。

30年も使っているとさすがにズレたり落とすことも無くなりましたけどね。30年前に比べたらずっと今の売られているコンタクトレンズは高機能になっているし、価格もかなり安くなっています。レーシックなんてのも最近は一般的になりつつあって、コンタクトレンズの陰が薄くなってきているけど、上手に付き合えればとても便利な医療器具だと思います。

注目情報