始めてコンタクトを購入したきっかけ

始めてコンタクトを購入したきっかけ

私が初めてコンタクトレンズを購入したのは、二十歳の頃でした / 32歳 女性

私が初めてコンタクトレンズを購入したのは、二十歳の頃でした。
高校から、スーパーマーケットのレジのアルバイトを始めて細かい文字をよく見るようになってから、視界がぼやけるようになり、高校3年生ぐらいにはすぐ前の友達の顔もぼやけるようになってしまいました。

ぼやける目で生活していると余計目を酷使するので、目の疲労による頭痛やめまいが頻繁に起きるようになり、眼鏡を購入することにしました。
しばらくは眼鏡で過ごしていたのですが、眼鏡をかけた自分の顔があまり好きではなかったことと、鼻の付け根が低いので、滑り止めやズレきくい加工をしてあるものを選んでも眼鏡がズレて見えにくくなってしまうので、コンタクトにしようと思いました。

コンタクトは目に直接入れるので、角膜を傷つけたりしないかとすごく不安だったのですが、買う前にお医者さんに相談して、いろいろを不安に思っていることを相談しました。
眼病をすごく心配していたのですが、適切な使用時間を守れば安全ということが分かり、実際つけさせてもらって、ハードレンズよりソフトレンズのほうが違和感なく装着できたので、ソフトレンズを購入しました。
コンタクトレンズはゴミが入ると多少の違和感がありますが、眼鏡より装着感がいいのでおすすめです。

注目情報