始めてコンタクトを購入したきっかけ

始めてコンタクトを購入したきっかけ

学生時代の友人で、コンタクトを日常的に使っている人がいます / 37歳 女性

学生時代の友人で、コンタクトを日常的に使っている人がいます。以前はめがねだったのですが、大学の入学式からコンタクトにしたと言われています。そこで、なぜコンタクトにしたのかと質問したところ、思いもよらない答えが返ってきました。

学生時代にはめがねだったけれど、将来自分自身でめがねから解放されたいという欲求が強く、そのためには大学の入学式が一番便利だということ、更に運転免許を取得するときにはめがねよりもコンタクトレンズのほうが室内などの結露に反応しないので、実務的な側面もあったと教えてくれました。

確かに、めがねが曇ってしまっているときに運転するのはほぼ不可能ですし、めがねで外れたりしてしまうということもあると言われています。日常的に色々なシーンにおいてめがねよりも、自分にとってコンタクトレンズが向いているというときにはコンタクトレンズがいいでしょう。日常的にどんな方法よりも快適な生活を堪能するためには最適な方法だと言われています。

注目情報