始めてコンタクトを購入したきっかけ

始めてコンタクトを購入したきっかけ

初めてコンタクトを購入したきっかけは、40年以上も前になります / 61歳 女性

初めてコンタクトを購入したきっかけは、40年以上も前になります。今は1日の使い捨てタイプとメガネを併用していますが、当日は2年くらいで新しいものに変えないと見えにくくなってしまうソフトコンタクトレンズを使っていました。

最初は、目に入れるということで怖かったので、ソフトレンズにしました。
近眼ではなかったのですが、気がつくとかなり進んでいて、車の免許でメガネが必要になりました。
めがねも作りましたが、日常的にかなり不便を感じるようになり、コンタクトにしました。

コンタクトを入れたときは、世の中のものがこんなにはっきりしているものなのだと、驚きました。
床の模様が浮き上がって見えました。
そのくらい周りをみていなかったし、見えないので見ようとしなかったことも、そのときに認識できました。

ずっとソフトコンタクトですが、すすめもあって一度ハードレンズにしました。
そしたら、外れなくなり、スポイトでもダメで、外れないために洗面所で壊してしまうことがあり、一度は交換してくれるのでなんとか使いましたが、やはりソフトに変えました。

コンタクトのお手入れも面倒で嫌でしたが、仕方なくやっていました。
そのうち、コンタクトも2週間ものやディリーなものも安価で購入できるようになり、1日単位でお手入れ不要のコンタクトを愛用しています。近眼で60歳を超えましたが、老眼ではないため、近眼のコンタクトを今もしています。
疲れ目で首コリがひどかったので、度は以前のお仕事をしていたときより、かなり落として楽になりました。
充分見えるので、度数の高くないものがいいです。
又、お出かけのときは、黒目が大きく見えるコンタクトなども愛用しています。家ではメガネでもいいのですが、外出時にはコンタクトにしています。なくてはならないものです。

注目情報